top of page

[ 団体紹介 ]

宮崎県オペラ協会は昭和47年11月に設立以来、18回の本公演をはじめ、宮崎県教育委員会主催の「ファミリー劇場」など、県内の小・中・高校等への巡回公演も 140回を超え、ヨーロッパ生まれのオペラを、宮崎という一地方に定着させるために日夜努力を続けております。 

既存の「カルメン」「愛の妙薬」「ヘンゼルとグレーテル」「魔笛」等名作オペラを通してオペラの浸透をはかる一方、

“今必要なのは優れた日本のオペラだ”

 

という理念から、宮崎の神話や伝説を題材に、独自性と普遍性を兼ね備えた作品を生み出すことにも情熱を傾けております。 

​宮崎県オペラ協会会長 泊 かずよ

bottom of page